Google Chromeの動作が遅い。サイトを開くときに、「xxxxを待機しています」。「xxxxに接続しています」が読める程度に時間がかかる。Google Chrome のバージョンは4、5系両方とも遅い。Firefoxの方が遥かに速い。ずっと解決できずににいたが、次の手順で高速に動作するようになった。

PCの環境は次の通り。
OS Microsoft Windows 7 Professional
バージョン 6.1.7600 ビルド 7600
プロセッサ Intel(R) Core(TM)2 CPU 6600 @ 2.40GHz
メモリ 2.00 GB
Google Chrome 5.0.342.9

どうやら、次の手順で直った模様。

  1. Google Chromeの設定(スパナアイコン)-「オプション」を選択。
    Google Chromeオプションダイアログが表示される。
    chromeoption01
  2. 「高度な設定」タブを開き、ネットワーク欄の「プロキシ設定を変更」ボタンを押す。
    インターネットのプロパティダイアログが表示される。
    ※コントロールパネル、IE等でインターネットオプションを開いても良いと思われる。
    chromeoption02
  3. ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定の「LANの設定」ボタンを押す。
    ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定ダイアログが表示されるので、「設定を自動的に検出する」のチェックボックスのチェックを外す。
    chromeoption03

どうも、Google Chromeはネットワーク接続状態を見て、DNS解決などの処理を最適化・高速化しているみたい。これが裏目にでも出たのかもしれない。

この記事が参考になった。Google Chrome Is Slow!


追記(2013/04) Google Chrome ver.26をクリーンインストールたときにも発生したので、手順を追加しました。(基本は同じです。)

Google Chromeが遅い現象が出たPC環境

OS 名 Microsoft Windows 7 Professional
システムの種類 x64-ベース PC
プロセッサ Intel(R) Core(TM) i7-3770K CPU @ 3.50GHz、3501 Mhz、4 個のコア、8 個のロジカル プロセッサ
合計物理メモリ 11.9 GB
GoogleChrome バージョン 26.0.1410.43 m

Google Chromeが遅い現象

以前と同じように、Google Chromeの画面下部にメッセージが出てWEBサイトが表示されるまでに少し時間がかかる。
google-chrome-proxyscript-downloading

「…を待機しています…」
Google chrome ...を待機しています...

「プロキシスクリプトをダウンロードしています…」
Google chrome プロキシスクリプトをダウンロードしています...

Google Chromeが遅い現象の解決手順

今回も前回と同じく、プロキシの設定にある模様。
前回と比べて、Google Chromeバージョンも上がっているのでメモし直し。
(コントロールパネルのインターネット設定から行なっても良いはず。)

  1. アドレスバー横の設定メニューから、「設定」を開く。
    Google chrome 設定
  2. 「詳細設定を表示」する。
    Google chrome 詳細設定を表示
  3. 「プロキシ設定の変更」を開く。
    Google chrome プロキシ設定の変更
  4. 「LANの設定」を開く。
    Google chrome プロキシ 設定 LANの設定
  5. 「設定を自動的に検出する」のチェックを外す。
    Google chrome プロキシ 設定を自動的に検出する OFF

これでGoogle Chromeのページ表示速度が速くなりました。

参考

・Google support

http://support.google.com/chrome/bin/answer.py?hl=ja&answer=106010
プロキシを解決しています
Google Chrome でのウェブサイトの読み込みや検索に時間がかかる場合は、ページへのアクセスにウェブ プロキシを経由するよう設定されている可能性があります。[プロキシを解決しています] というメッセージがブラウザ ウィンドウの左下に表示されていないかどうかを確認してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加